筋神経疾患研究室

研究室紹介

当院神経内科の診療上の特色である筋ジストロフィー、パーキンソン病や脊髄小脳変性症を中心とした神経筋難病の臨床研究を行っています。スタッフの独自の研究のほかに厚生労働省、日本医療研究開発機構(AMED)や国立精神・神経医療研究センターの研究班の研究者として参加しその研究も行っています。また看護部では幅広い看護研究を事務部では医療相談や病院経営等に関する研究を行っています。

スタッフ紹介

筋神経疾患研究室長
(内科系診療部長)
髙橋 俊明

■専門分野
筋疾患
臨床遺伝
神経内科一般

■認定医・専門医等
日本神経学会神経内科専門医
日本神経学会指導医
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医
日本内科学会認定内科医


実績

研究実績等
平成28年度実績
英文原著論文 10
和文総説 9
国際学会発表 7
国内学会発表 25


その他

三好型遠位型筋ジストロフィーや肢帯型筋ジストロフィー2B型の原因遺伝子であるジスフェルリンの遺伝子解析を東北大学医学部神経内科と共同で平成13年から続けています。当研究室では採血からサンガー法による遺伝子解析までをすべて院内で行うことができます。全国から継続的に依頼がきています。

pagetop