放射線科

部門紹介

・診療放射線技師が安全・迅速・的確に最良の撮影法を選択して診断・治療に役立つ画像を依頼された先生に提供しています。
・医療事故の防止、医療機器および装置の保守管理に注意をはらい、短い検査時間で最大の検査情報を得られるように努力しております。


スタッフ紹介

診療放射線技師長:佐久間 教之 
副診療放射線技師長:小野寺 義晴
撮影透視主任1名
診療放射線技師3名
診療エックス線助手1名


●実績


●放射線科撮影装置、画像処理装置

装置名称 会社名 商品名・型式
MR シーメンス Aera
CT 東芝メディカルシステムズ Aquilion RXL
ワークステーション アミン ZIO
X線TV 東芝メディカルシステムズ ultimax-i
骨密度測定 HOLOGIC Discovery
X線撮影装置 島津メディカルシステムズ UD150B-40 RadspeedPro EDGEpackeg他
フラットパネル 富士フィルムメディカル CALNEO U ,C,Flex
ポータブル 島津メディカルシステムズ MUX-100H
パノラマ モリタ製作所 X500E-CP
デンタル ヨシダ精工 D-60-S
PACS PSP EV Insite net
RIS メディカルクリエイト RISMEC

MRI(Magnetic Resonance Imaging)

MRI (磁気共鳴画像)とは、磁力と電磁波の力によって、人体のあらゆる部分の断面像を撮ることができる画像診断装置です。頭から足先まで、非常に精度の高い検査を行うことが可能で、病気の形態を描出するだけでなく、その詳細な広がりや性状の判断にも使用されます。当院は、北海道東北ブロック神経筋疾患基幹施設として、筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病などに対する専門医療と社会支援とういう重要な役割を担っております。現在のMRI装置において、脊椎の変形症例などへの対処や、近年日本人の体格が大きくなったことで、従来のマグネット内径が60cmの装置では対応が難しい場合がありました。そのため、内径が70cmの大きく広がった開口径を持つ最新のMRI装置をH25年12月に導入し対応力の強化を図りました。内径が大きくなることにより撮像時、頭や足を高く上げた姿勢、横向きの姿勢など楽な姿勢で撮影することが可能になりました。通常検査においても検査適応の幅を広げられる上、画質向上にも有効となります。また、装置性能が上がり画像信号を今までより短時間に多く受信できるために、痛みの強い方などへの検査時間短縮が可能になりました。私たち放射線科スタッフは、日本磁気共鳴専門技術者を中心としMRI撮影技術、安全管理などのカンファランスを行い、病変の画像情報を正確に先生に提供するため日夜業務に臨んでいます。


CT(Computed Tomography)

CT(Computed Tomography)とはX線を多方向から人体に透過させて測定したデータをコンピュータで解析し、体の正面、側面、輪切りの画像を作る検査です。 当院では、H25年12月に最新の被ばく低減技術を搭載した16列マルチスライスCTを導入いたしました。新しい画像再構成法である逐次近似応用再構成法(AIDR 3D)によって画像が作られます。 逐次近似応用再構成法による最大の特徴は、ノイズ低減とアーチファクト低減であり、臨床的価値としては、画質を維持したまま放射線量を低減できること、線量を維持して画質を向上させることが可能となっております。(最大75%の被ばく線量低減が可能) 高画質を実現する0.5mmスライス画像再構成などにより、更に正確な診断及び治療が可能になりました。


東芝メディカルシステムズ株式会社 被ばく低減技術
Boost 3D / RASP:生データベースノイズ低減技術 
量子ノイズ除去フィルタ(QDS):画像ベースノイズ低減技術 
AIDR 3D:逐次近似応用再構成
放射線科スタッフは、医学物理士を中心に各撮影モードの放射線測定を行い、適正な撮影条件を設定し被ばく低減に努めております。放射線被ばく等のご相談などありましたら、お気軽にご質問ください。


X線TV

X線TV装置とは、体を透過したX線をTVモニターで、リアルタイムに動画として見ることができます。当院では、食道、胃、小腸などの消化管造影検査を行っております。また、頸椎・腰椎の脊髄造影、神経根造影、椎間関節ブロック、骨折の整復なども行っております。当院に新規導入されたX線TVはCアーム搭載で多方向からの観察が可能であり、17インチ角の平面検出器(Flat Panel Detector:FPD)を組合せることで大視野を確保し、さまざまな検査要求に対応します。更に新画像処理コンセプト「PureBrain」を搭載して、多くの検査で重要とされる透視画像の視認性を向上させ、「多方向・大視野・高画質」を実現しています。また、撮影寝台は昇降式の寝台装置のため、お体の不自由な方やお子さま、ご高齢の患者さんにもご負担なく安全に乗り降りできるようになっています。


骨密度測定

骨粗鬆(こつそしょう)症は、日本人をはじめとして、人類全体が最もかかりやすい病気の一つです。近年二重エネルギーX線吸収法(DEXA)などで精密に骨密度が測定できるようになり、日本人の約1,000万人が骨粗鬆症で、現在は症状が出ていなくても、いずれ骨折を起こす危険性が高いことがわかってきています。骨密度測定値は、装置の性能・測定部位により異なります。「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン-2011年版」に『骨粗鬆症診断にはdual-energy X-ray absorptiometry:DEXAを用いて、腰椎と大腿骨近位部の両者を測定する事が望ましい。』と記載されています。当院の骨密度測定は推奨される腰椎と大腿骨の測定を、極めて少ないX線を使用し測定するので、女性の方にも安心して検査を受けて頂けます。腰椎と大腿骨の骨密度測定時間は約2分と今までと比較にならないほど正確、安全、スピーディーに骨粗鬆症の診断を行うことができるようになりました。


デジタルX線撮影システム

今までのCRシステムに比べ、より少ないX線量で鮮明な高画質が提供可能な、完全FPD(Flat Panel Detector)へと一新しました。画像読み取り時間が無くなり、撮影直後画像確認ができるため、検査時間が短縮し待ち時間解消に大きく寄与しております。病棟及び手術室のポータブル撮影もFPDワイヤレス化となり、撮影直後に院内に画像配信され、高精細モニターによる迅速読影可能な環境が構築されました。当院の脊椎、関節などのX線写真の規格は、日本の整形外科界をリードする有数の施設として、非常に高精度なものとなっております。放射線科スタッフはその要求に答え、先生方の正確な診断を支えるべく、日々撮影技術向上に努力しております。


医用画像診断支援システム(PACS)

放射線検査及び生理検査で発生した画像情報が、瞬時に院内配信され、院内随所に配備された41台の高精細モニターや各オーダリング端末で読影可能な環境が整備されました。 また、星陵クリニックとのレポート連携や地域クリニックとの連携も、専用VPN回線を利用して強化されております。


放射線部門総合管理システム(RIS)

バーコード認証により患者様の放射線検査を自動受付いたします。受付順番カードが発行され、検査待ち順番が待合ホールに設置してある大型モニターに表示されます。撮影の進み具合や待ち人数等の情報がリアルタイムに更新されます。放射線科スタッフは、患者様の属性情報をモダリティ・ワークリスト管理(MWM)より装置に正確に転送し、氏名・生年月日の突合でご本人確認を確実に行い、入力ミスや患者様取り違い事故防止に努めております。


RadspeedPro EDGEpackeg (平成29年3月に新たに導入された装置) 

今回新たに導入された装置は、従来通りのX線検査を行うことができる上に、下記の2点(トモシンセシスの撮影、長尺撮影)の特長を加えた最新の装置となっております。

トモシンセシス(デジタル断層撮影)
トモシンセシスとは検査部位に対して異なる角度からX線を照射することで得られた複数の画像から再構成することによって、任意の断層面を得ることができる撮影です。X線検出器にFPD(フラットパネルディテクター)を使用しているため、短い時間で検査を行うことができます。また同じ放射線診断検査でも一般撮影(レントゲン)よりも情報量が多く、CTよりも被曝が少ないことから、正確・安全・迅速な検査であることが特徴的です。特に整形外科領域において下にあるような描出が難しい体内金属の部位(椎体・股関節・四肢)に対して非常に有効な検査となっております。

長尺撮影
長尺撮影とは全脊椎や全下肢など広い領域に対して、すぐに画像を参照できるFPD(フラットパネルディテクター)を上下に可動させて撮影することで、まるで1枚の画像のような長尺画像を作成することができます。
従来は大きく固い1枚の板を使用し、画像作成に時間がかかってしまい待ち時間が長くなってしまうことや場合によっては固い板の上に寝て撮影するなど患者さんの負担が大きい撮影でした。
しかし長尺撮影を導入したことにより撮影から画像作成まで短時間で終わり、そして低線量で高画質な画像を提供することができるようになりました。

pagetop