リハビリテーション科

概要

リハビリテーション科では、脊髄の疾患、関節の疾患、関節リウマチ、筋ジストロフィー、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、脳性まひ、重症心身障害など様々な疾患に対応したリハビリテーションを行っています。日本リハビリテーション医学会専門医師をはじめ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、医療相談員などのスタッフがチームを組んで急性期から回復期のリハビリテーションを中心に行っています。また、患者さん一人ひとりの意思を尊重し、ご要望を伺いながら目標を立て、一日でも早く日常生活へ復帰できるよう取り組んでいます。


理学療法 (PT:Physical Therapy)

理学療法
理学療法では、運動機能の低下した状態にある患者様に対し、運動療法や物理療法などを用いて、運動機能の回復を目指す治療を行います。それだけでなく、障害を抱えながらでも、なるべく日常生活が自立し、その方らしい生活を送っていただけるよう治療や支援を行います。当院で理学療法を行う主な疾患に対しては、以下のような介入をしております。
脊椎(せぼね)の疾患・関節疾患に対しては、術後プロトコール(予定表)に沿って、運動療法(ストレッチ、筋トレなど)、動作練習、歩行練習、日常生活のアドバイスなどを行います。
パーキンソン病については、身体機能の維持を目的とした運動療法、在宅復帰のための日常生活動作の指導、すくみ足やバランス障害に対する環境調整などを行います。
筋ジストロフィーについては、関節が固くならないように関節可動域運動、呼吸機能の維持のための呼吸理学療法、排痰補助装置の導入、車椅子の調整などを行います。
重症心身障害児・者については、関節可動域運動、呼吸理学療法、車椅子の調整などを行います。
理学療法技術の向上のために、月1回程度科内勉強会を開催しております。今後も、皆様に満足して頂ける理学療法が提供できるように、スタッフ一丸となって努力していきます。

作業療法(OT:Occupational Therapy)

作業療法
作業療法で表される作業とは、食べる、入浴する、仕事をする、余暇を楽しむといった日々の生活に関わる活動を幅広く指し示しています。その作業をよりスムーズにその方らしく行えるよう具体的にお手伝いしていくことが、作業療法士の役割です。
パーキンソン病については、患者様それぞれの症状に応じて、日常生活を安全でスムーズに送れるように支援していきます。具体的には日常生活動作の方法や道具の工夫、住環境整備、支援体制の整備、家族指導を行っています。また家事などの役割活動、趣味活動の支援も行っています。
筋ジストロフィーについては、患者様の「生活行為における環境調整」として、コミュニケーション、テレビ・パソコンなどの操作スイッチ、車椅子での活動の手段の提案・提供を個々に合わせて行っています。
整形外科疾患については、痛み・しびれ・感覚がわかりにくくなる・運動麻痺・細かい指先の運動障害など症状は様々です。上肢や手指の機能・動作改善のための運動、筋力増強運動、ストレッチ、巧緻動作練習などを通じて、日常生活の動作がよりスムーズになるように作業療法を実施していきます。家事練習、自助具の検討、自主トレーニングといった退院後の生活動作の支援もしています。
重症心身障害児・者については、関節運動やポジショニング調整中心に実施しています。今後関わりを広げていきたいと考えています。
若いスタッフが多く、勉強会や研究にも積極的に取り組んでいます。患者様の声に全身で耳を傾けながら特色あふれるリハビリの実現へ向けて一歩一歩進んでいきます。

言語聴覚療法(ST:Speech-Language-Hearing Therapy)
言語療法
言語聴覚士(ST:Speech Therapist)が担当します
言語のリハビリでは言語機能(話す、聴く、書く、読む)の障害、発話の障害(呂律が回りにくい、声が出ない等)、摂食・嚥下障害(食べる、飲み込むこと)の障害に対する評価・訓練を行います。
特に筋ジストロフィーやパーキンソン病などの神経疾患は発話の障害と摂食・嚥下障害を呈することが多い疾患です。
発話の障害については発声・発話訓練、摂食・嚥下障害については評価とそれに基づいた摂食・嚥下訓練を実施していきます。
評価については神経内科医・耳鼻科医と連携し嚥下造影検査(VF)・嚥下内視鏡検査(VE)を定期的に実施しております。

スタッフ紹介


理学療法士長 1名
一般作業療法主任 1名
理学療法士 17名
作業療法士 8名
言語聴覚士 2名


平成28年度 リハビリテーション実施件数(2016.4~2017.3)

主要対象疾患別件数 実施件数 (1日当たり)
脊椎変性疾患 12,571 51.7
脊椎骨折、外傷 5,360 22.1
四肢関節変性疾患 3,278 13.5
四肢骨折、外傷 1,314 5.4
リウマチ 807 3.3
筋ジストロフィー・ニューロパチー 16,636 68.5
パーキンソン病 7,620 31.4
中枢神経変性疾患 2,977 12.3
重度心身障害 1,379 5.7
脳血管障害・脳炎 651 2.7
そのほか 9,937 40.9
pagetop