療育指導科

部門紹介

障害者総合支援法の療養介護サービスを利用される、重症心身障害児(者)及び神経・筋難病疾患等の方々に対して、病院の中の福祉職として児童指導員と保育士が配置され、社会福祉学・教育学・心理学・保育学の領域から、個々の障がいに応じた発達支援・療育活動・コミュニケーション支援を中心に行っています。
また、季節に応じた行事や相談支援、車いすや補助具に関する福祉サービス、ボランティア及び地域との交流作り、ソーシャルワーク、行政機関、福祉、教育などの諸関係機関との連携連絡なども行っており、患者さまが安心・安楽に生活できるように取り組んでいます。
また、患者さまがその人らしく生活できるよう個別性に配慮した「個別支援計画」を作成し、医師・看護師・リハビリテーション・栄養士・薬剤師などの他職種とともにチームで支援を行っています。患者さまの想いや要望に応えられるよう職種間をつなぐ「橋渡し」としての役割を担うよう努めています。


活動内容


スタッフ紹介

主任指導員:箱石 悟
主任保育士:片岡 久美子

児童指導員 5名
保育士 6名


実績

ボランティア受け入れ実績推移
・平成23年 2,056人
・平成24年 1,811人
・平成25年 1,132人
・平成26年 1,635人

pagetop