薬剤部

部門紹介

当院の薬剤師は、患者さんのために調剤を基本として服薬指導や医薬品の情報活動、試験研究、製剤、治験・臨床研究など多岐にわたる業務を行い、適正な医薬品の使用に心がけています。


■調 剤
医師の処方せんにしたがって、患者さんの薬をつくる仕事です。処方せんの内容は患者さんの症状によりお一人お一人違います。また、薬の種類も多く、正確に調剤するため十分に注意をしております。錠剤は患者さんが服用しやすいよう一包化を行っています。調剤した薬は処方内容などをよく確認してから患者さんへお渡しします。

■服薬指導
入院されている患者さんに対し、患者さんがどのような薬を服用しているのかよく知ってもらうため、また、正しく服用していただくために、お薬について説明を行っています。患者さんのために、医師、看護師等と相談しながら行っています。

■医薬品情報活動
お薬に関する情報は大変多くまた重要です。医薬品を安全に使用するための必要な情報を収集し、医師や看護師、その他の医療従事者に提供しています。

■製 剤
製剤室では医師の要望により、市販されていない特殊な薬を作っています。

■治験・臨床研究
新規医薬品の開発やより効果の高い治療法をさがすため治験、臨床研究を行います。
薬剤科部では研究が円滑に行われるようコーディネート等(CRC)を行っています。

■薬学実務実習生の教育
薬学部5年生の長期実務実習の受入れをしています。




スタッフ紹介

薬剤部長:内藤 義博
副薬剤部長1名
調剤主任1名
薬剤師3名
事務助手1名

pagetop