薬剤部

部門紹介

当院の薬剤師は、患者さんのために調剤を基本として服薬指導や医薬品の情報活動、試験研究、製剤、治験・臨床研究など多岐にわたる業務を行い、適正な医薬品の使用に心がけています。


■調 剤
医師の処方せんに従って、患者さんの薬を作る仕事です。処方せんの内容は、患者さんの症状によりお一人お一人異なります。また、薬の種類も多く、正確に調剤するため十分に注意をしております。医師が処方した薬に用法、用量に間違いがないか、重複投与がされていないか、薬どおしの相互作用などがないかを確認した上で調剤を行います。また、集められた医薬品を別の薬剤師が確認をする2重チェック(監査)することにより誤薬の防止、副作用の予防に努めています。また、患者さんが入院時に持ち込まれた薬(持参薬)を正しく使用するための情報提供を行っています。

■服薬指導
入院されている患者さんに対し、患者さんが処方された薬をきちんと正しく飲んでいるか、薬物治療の意義を理解しているか、副作用の発現の確認とその対処法について正しく理解しているか、患者さん個々に指導を行います。患者さんの為に、医師、看護師等と相談しながら情報提供を行っています。

■医薬品情報活動
お薬に関する情報は大変多くまた重要です。医薬品を安全に使用するための必要な情報を収集し、医師や看護師、その他の医療従事者に提供しています。
医薬品の使用上の注意副作用情報の提供、添付文書の改訂(医薬品の効能や副作用の追加)などの日々更新されていく医薬品情報を収集して医療スタッフに情報提供を行っています。

■製 剤
薬剤部では、製剤室では医師の要望により、市販されていない特殊な薬を作っています。
市販の医薬品がない治療薬について薬剤部で無菌的に調製し安全な薬を作っています。

■治験・臨床研究
新規医薬品の開発やより効果の高い治療法をさがすため治験、臨床研究を行います。
薬剤部では、研究が円滑に行われるよう院内の調整及び医師の治験業務を支援するコーディネート(CRC)を行っています。

■薬学実務実習生の教育
薬学部5年生の長期実務実習の受入れをしています。

■チーム医療への参画
医師、看護師、薬剤師、その他の医療従事者から構成される感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)及び褥瘡チーム部会等、チーム医療に参画しています。




スタッフ紹介

薬剤部長:内藤 義博
副薬剤部長1名
調剤主任1名
薬剤師4名
事務助手1名

pagetop