患者さんご本人が死亡された場合の特例

前述のとおり、診療録等の開示は、原則として患者さんご本人に対して行うものですが、患者さんご本人が不幸にも入院中に急逝された場合など、生前にご本人が意思表示できなかった場合で、ご遺族からの申請があった場合に該当します。

この場合、患者さんご本人だけではなく、ご遺族との信頼関係の確保の観点から、申請の後、当院開示委員会に諮り、審議した上、診療録等の開示を行うこととなります。

ただ、患者さんご自身の非常に大切な「個人情報」を対象にするということから、厚生労働省の指針においても厳格な規定を設けており、それに合致した場合に開示許可が出来ることとされております。

 

pagetop